--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2010.12.23 (Thu)

LBP2の吹替え担当声優

海外版LBP2のデモをプレイしてみて分かったことなんですが、今回はナレーションだけでなくストーリーモードの登場キャラクターにも声があるようです。
デモは海外版なので当然英語ですがクレジットを見てみると日本語版の吹替え担当の声優さんの名前もクレジットされていたのでまとめてみました!
※追記 見やすくなるように加筆修正しました。(12/25)
吹替え担当一覧
声優については全然詳しくないのでネットでちょっと調べた程度なんですけど、どのキャラクターもベテランの声優さんが担当されているみたいです。声優さんの担当アニメを見ると、有名なアニメキャラばかりで驚きました!まだ各キャラの詳細が分からないので以下にほんの少しだけまとめです。情報が穴ぼこだらけです。。

ナレーター(担当:佐藤 賢治さん)
LBP1でもおなじみのナレーターさんですね!LBP2でも引き続きナレーター担当ということです。
やっぱりLBPのナレーションはこの声じゃないとしっくりこないですっ!

NOW PRINTING

佐藤 賢治(さとう けんじ):ラジオパーソナリティとしてデビュー。バラエティ番組から報道・情報番組まで多様の番組のナレーションを担当している。特に、テレビ朝日系列で数多くのナレーション担当番組を抱える。テレビ朝日では彼がナレーションを務める多くの番組は元々深夜だが、人気番組となりゴールデンタイムへ進出しやすい不思議なジンクスがある(「アメトーーク」は除く)。「○○○はさておき…」のフレーズがおなじみ。(引用元:wikipedia



ラリー・ダ・ヴィンチ(担当:永井 一郎さん)
リビッツにこの世界での冒険の仕方を教えてくれる頼もしい師匠的存在らしいです。
ラリー・ダ・ヴィンチ

永井 一郎(ながい いちろう):『サザエさん』の磯野波平を始め、数々の作品に出演する日本声優界の重鎮の1人。アニメ・吹き替え・特撮作品など幅広い分野で活躍。かつては青年役も演じていたが、加齢に伴い中年・老人の役を演じることが多くなる。特に後者では主人公の祖父や師匠、上司、ベテランの先輩など、主役以上の存在感を持つ脇役を演じることが多い。(引用元:wikipedia



ビクトリア・ヴォン・バシースフィア(担当:白石 冬美さん)
スチームパンクとビクトリア調が融合した世界を創造するクリエイターです。
ビクトリア・ヴォン・バシースフィア

白石 冬美(しらいし ふゆみ):1960年代から活躍するベテラン。代表作に『巨人の星』(星明子役)、『魔法使いサリー(1966年)』(ポロン役)、『怪物くん(1968年)』(怪物太郎役)、『機動戦士ガンダム』(ミライ・ヤシマ役)、『伝説巨神イデオン』(イムホフ・カーシャ役)、『パタリロ!』(パタリロ・ド・マリネール8世役)等。(引用元:wikipedia



アヴァロン・セントリフュージ(担当:玄田 哲章さん)
「ミスター・サイエンス」と呼ばれるほどの有名な科学者らしいです。自分こそが宇宙のヒーローだと思い込んでいるとか。
アヴァロン・セントリフュージ

玄田 哲章(げんだ てっしょう):独特の太い低音の声質の持ち主である。多数の洋画作品で吹き替えを担当しており、シルヴェスター・スタローンやアーノルド・シュワルツェネッガーのような鍛え抜かれた体を持つ俳優の声を担当することが多い。特にシュワルツェネッガーはほぼ専任となっており、カリフォルニア州が制作した日本向けの観光広報ビデオ『カリフォルニア州観光局 なんでもアリフォルニア カリフォルニア』に出演した州知事・シュワルツェネッガーの声も担当した。他にローレンス・フィッシュバーン、ダン・エイクロイド、ジョン・グッドマンの吹き替えを担当することも多い。(引用元:wikipedia



ハーバート・ヒギンボッサム博士(担当:加藤 精三さん)
キャラクターの姿は分からないんですけど、声優さんからなんとなく想像できそうですw
NOW PRINTING

加藤 精三(かとう せいぞう):『巨人の星』の星一徹の声として有名な日本声優界の大御所にして、名脇役の一人。『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー、トランスフォーマー2010』の「メガトロン」「ガルバトロン」の声としても知られている。『スーパー戦隊シリーズ』ではローバリトンという低音声質を生かして、数々の悪の首領を演じ、劇場映画『東京ゴッドファーザーズ』ではオカマショーパブのママを演じた。(引用元:wikipedia



クライブ・ハンドフォース(担当:龍田 直樹さん)
古いカレンダーのパーツで出来ている、万年中間管理職のおとぼけキャラです。
クライブ・ハンドフォース

龍田 直樹(たつた なおき):ギャグキャラや小悪党なキャラが多いが、クールな2枚目キャラを演じることもある。また、『ドラゴンボール』のウーロンや『キテレツ大百科』のブタゴリラ等、豚もしくはそれに関する役が多い。近年は『もっけ』のダイマナコのように温厚な人物を演じる機会も多い。
ナレーションや人間以外のキャラクターも多数こなしており、一つの作品内で動物役を兼役で演じたり、「『特定のマーガリン(ラーマソフト)じゃないと嫌だ』と身をよじる食パン」(ユニリーバ・ジャパンのマーガリン「ラーマソフト」のCM)など、動物でもない(生き物ですらない)ものを演じることも多い。(引用元:wikipedia



イブ・シルバ・パラゴリカ(担当:小原 乃梨子さん)
もう脳内でしっかりと声が再生されるのでどんなキャラクターなのかもつかみやすいですね。
この声優の方は前作LBPのCMでもリビッツの声を担当されていて、ついに製品版にも登場です。

NOW PRINTING

小原 乃梨子(おはら のりこ):『ドラえもん』(第2作1期(テレビ朝日版))の野比のび太をはじめ、『未来少年コナン』のコナン、『アルプスの少女ハイジ』のペーター等、少年役を得意とする代表的な声優の1人として知られる。他方で『タイムボカンシリーズ』での三悪の女ボス、や洋画吹き替えなど、妙齢のコケティッシュな美女役が広く知られている。洋画ではブリジット・バルドー、シャーリー・マクレーン、ジェーン・フォンダ、ミレーヌ・ドモンジョ、クラウディア・カルディナーレ、アン・マーグレット、シルビア・クリステルなどを持ち役としている。(引用元:wikipedia



ネガティビトロン(担当:青木 和代さん)
ストーリーの舞台「コスモ」を脅威にさらしている悪の軍団のボス「ネガティビトロン」です。
NOW PRINTING

青木 和代(あおき かずよ):『ドラえもん』(第2作1期)のジャイアンの母やジャイ子、『めぞん一刻』の一の瀬花枝等、おばさん役や肥満体質の少女役が得意な声優として知られる。一方で『未来少年コナン』のジムシィ、『トム・ソーヤーの冒険』のハック、『ドレミファ・どーなっつ!』のそらおなど、少年役を担当することもある。(引用元:wikipedia



<おまけ>
前作リトルビッグプラネットのテレビCMです。
有名キャラクターがリビッツとなって楽しそうに遊んでいますっ。


関連記事
16:33  |  LBP2 発売前情報  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。